ポカポカ体をとり戻そう

「手が冷たい人は心が温かい」・・とか冗談言ってる場合じゃないですよ!!ほんとは怖ーい家庭の・・・・ 

腹八分

ブログネタ
冷え性 に参加中!
以前は良く食べる人は、元気だと思っていました。
あまりご飯を食べない人のことを「食が細い」とか言って
元気が無い人のように見ていました。
 最近どうもそれが間違いだと言うことにきずきました。
沢山食べる人はあまり食べない人より胃袋が大きいと言うだけで、特別健康的だという事ではありませんね。

特に成長が止まる18歳頃からは腹八分が良いようです。
大盛りで丼飯をがつがつ早口で食べる人を見ると、一見元気が良くて男らしく見えたりします。
私も以前はそうでした。
それは、裏を返せばただ早食いの癖が付いてるだけです。
早食いだから「お腹一杯だ」と脳が認知する頃にはかなり食べ過ぎています。
体が元気だからなせる業ですね。
沢山食べるから元気・・と言う事ではないんです。
 
現代は食べ物が豊富です。
よほどの事が無い限り飢えで死ぬことはありません。
 筆者もこれが当たり前の時代に生まれ育った世代なので、
本当に食べるものが無いという経験はありません。
貧乏はしていても何日も食べることが出来ないことは、この日本ではありえません。
普通に生活していればあらゆる物が食べられます。

しかし、何でも好きなだけ食べれるようになったのは、戦後から今までせいぜい60年位だそうです。

何億年も続いてきた、地球上の歴史の中で、たった60年です。
それ以前は日本も飢餓との戦いがありました。
地球上の何処かでは今も飢餓で飢えている人々が沢山います。

何が言いたいかと言うと、人間の(DNA)は、何億年もの間に飢餓に対する抵抗力を体の中に備えました。
何日か何も食べなくても水だけで人間は生きることが出来ます。
ある程度特殊な訓練や修行をしている人はごくわずかな量の食料でも過酷な運動量を何日もこなす事が出来ます。

しかし問題なのは、食べ過ぎに対する抵抗力は人間のDNAには未だ組みこまれていません。
なぜなら成長期は過ぎているのに、毎日好きなものを好きなだけ、お腹一杯食べて、飲んで、たいした運動もしない。
・・と言う生活をしている人は肥満になって体調を悪くします。
 もう昔の人が言った無病息災なんていう言葉は死語になりつつあります。
一つや二つは持病を抱えて当たり前と言うわけです。
 国民医療費の問題で今の子供たちが大人になったとき、大きな問題となって、のしかかってくるのはそんなに遠い未来の話ではありません。

アメリカ産牛肉が輸入禁止になってどうだとか、言う話はそれを取り扱う業者や肉に関係した仕事についている人たちにとっては大問題何でしょうけど、食生活をもう一度根本から見直しましょう。と言う消費者の観点からすれば大した問題ではないように思えてなりません。


(DNAの話は、それに携わる偉い学者の先生の受け売りです。)御免なさい。

中国のお土産

知り合いの中国出身のJ君から、中国のお土産を頂きました。
中国は2月がお正月なので両親から送ってきたそうです。

写真中央のティーカップの中の黒い飲み物は、中国版ココアと言った感じです。
黒ゴマの粉末が主な原料で他に色々身体に良いものが入っているようです。
飲んだことが無い味ですので、美味しいと言う人と苦手だという人に分かれました。
私は美味しいと思います。
身体に良さそうな感じがします。
砂糖も少し入っていて当然黒ゴマの香りがします。
葛か上新粉みたいなものがトロミ付けの為に入っているようです。
横の袋に入った粉末をカップに入れてお湯を注げば出来上がりです。
なつめ







手前にある赤い小さな実は、クコと言う木の実を乾燥させて物で、
漢方の薬膳料理の材料にも使われます。 
筆者はそのままポリポリ食べています。美味しいです。
左の袋に入ったものは乾燥ナツメです。
J君は中国に居る時いつもおやつ代わりに食べていたそうで、
身体にいい物ばかりです。
親の愛情がこっちまで伝わってきました。


tama







この赤い玉は筆者が5年位前に中国物産展で買いました。
玉の名前はJ君に聞いても知らないそうですが、
中国では時々見かけたそうです。
値段も物凄く高いものや、ミカンくらいの大きさの玉とか
使っている人も居るそうです。

鉄の玉に模様をつけてメッキしています。
重くは無いけど、けっして軽くも無いという設計です。
玉の中にも何か細工がしてあるらしく、
回すたびにカランコロンという音色が聞こえます。

使い方はただ、手のひらの中で二つの玉をぐるぐる回すだけです。
最初はなかなか回せません。
5本の指を全てスムーズにやわらかく動かすと簡単に
手のひらの中でクルクル回せるようになります。
慣れてくると早く回せるようになり、逆回転も思いのままです。

もっと慣れてくると、テレビを見ながら、本を読みながら、
ボーっと考え事をしながらでも出来るようになります。

指の運動をすることで、頭が良くなると聞いたのですが・・・


・・・・・未だ頭は良くなっていません・・・・・・・
・・・・・トホホ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まッ ボケない様にボチボチと行きましょうよ。


tama3tama3







これは最近中国の友人Eさんに頂いたものです。
陰陽のマークが付いていて気に入ってます。
太極拳と関係があるような事を言っていた記憶があります

大きさも赤い玉と比べて一回り大きいけど一個が
90グラム位しかありません。
手の中で回すととても綺麗な音色が聞こえます。

どちらの言い分も正しいです。

人はどういう訳か人がいっぱい居る所に集まる習性があります。
生まれ育った故郷を捨て、都会を目指します。
 人は一人では生きていけません。
特に日本は太古から村社会を作り寄り添い助け合って生きてきました。
他人の欠点をあまり口にせず、勤勉さと質素な生活を美徳とする民族です。

他人との関係をスムーズにするため挨拶、礼儀作法などを考え出しました。
今でも小さな村に行くと村人同士が道ですれ違うときは、他愛も無い事に聞こえる言葉を掛け合います。

小さな社会と言うことから考えれば、都会であろうと村であろうと変わりありません。
挨拶は最低限のルールです。

上のほうから挨拶はちゃんとしなさいと強制するものではない代わりに、挨拶なんてしないでも良いという事は絶対にありません。

これは相手が好きか嫌いかと言う好みで決めるものでもありません。

筆者の仕事場でこんな事〈本人から相談〉がありました。
一人のあるスタッフが帰る時に、殆どの人にはちゃんと挨拶して帰るのにある特定の人に挨拶をしないのです。

相談してきた人と〈その人)とは仕事中は普通に会話もしているし、皆と比べても特に変わった様子は見当たりません。

最初、気のせいだろ。とか気にするなとか、聞こえないだけじゃないのとか、言っていましたがどうもそうではないらしいと言う事が解ってきました。

その挨拶の部分だけを無視〈シカト)するんです。
他の部分は皆と変わらないのにです。

シカトされた人にとっては、たかが挨拶といえども毎日のことなので、物凄いダメージを受けるんですよ。

筆者の知る限り、これをやるのは殆どが女性です。

何故男同士ではこれが少ないか解りません。
一つ考えられるのは、同じ事をされても、された本人が気が付かないと言う事があって無駄な抵抗で終わっているのかもしれません。

「知らず知らずその人を傷つけているんじゃないの?」
とか、「気にするなよ」とか男はアドバイスのつもりで言うのですが、こういう時は何の慰めにも解決にもなりません。

些細な事でも二人の話を聞くことです。
じっくり話を聞けば何か見えてきます。
下手なアドバイスは必用ありません。
とにかく言い分を聞くことです。黙って。

二人の間に出来た溝が見えてきます。
当事者同士では一度出来た溝はなかなか埋められません。

誰かが話を聞いてくれるだけで溝がなくなることもあります。

別のケースでこんなことがありました。
仲の悪いと言うか(気が合わない)女性二人の間に入って話を気た事があります。
 ある女性から職場の人間関係について相談があり、話を聞きました。
相手に対する恨み辛みもありますが、「正論」がとても多いんです。
私が正しくてあの人が間違っているんだと言う話がとても多いんです。
 聞いててもまさに正論です。
相手には話さないでくれと言うことでしたが、それじゃ何の解決策にもならないのでは?
と言うと明日から一緒に仕事できないと言うので、言わない約束をしました。

数日後、今度はその相手から相談を受けました。
もちろん〈相手には言わない)ことを約束されたのは言うまでもありません。

よーくその人の話も聞きました。
正論です。まさに正論。あなたは間違ってはいない。

二人の話はそっくり同じでした。
相手の欠点と思っていることが、実は相手から見れば自分の欠点でもあるわけです。
二人はお互いに磁石のマイナス同士をくっつけたみたいに反発ているかのようでした。

最後に言った「ストレスでどうにかなりそうです。」
と言う所まで話は同じなんです。

機会があればどうすれば、この地獄から脱出できるか述べたいと思います。






ストレスに強くなれば良いのか?

健康についての知識を色々な角度から自分なりに
追求していくと必ず突き当たるのが〔ストレス〕です。

ストレスとは何か?と言う所から始まって、
ストレスが直接又は間接的に人の健康に及ぼす影響は?
そして解消法まで様々な情報があふれています。

・・にもかかわらずこの世からストレスが
無くならないのは何故でしょう。

ストレスに強くなればなる程、新たなストレスを生む環境へと身を
おくのが人間です。

ストレスは解消法とか強くなる方法を身につけるより、
人間という生き物はストレスに弱い生き物であることを
まず認めましょう。
ストレスと闘っても勝ち目はない。
勝ち目がないのに戦ってはいけない。
ストレスには立ち向かわないのが唯一勝つ方法だ。

と言うのが筆者の持論です。

ストレスとなる対象は人それぞれ生活している環境で違うと思いますが、一番はなんといっても人間関係でしょう。
嫌いな人に対してストレスを感じて生活する程馬鹿馬鹿しいことはありません。

性格、考え方が合わない。嫌なことを言われた。
怒られた。なめられた。自分の言うことを聞かない。思い通りに行かない。
自分に対して何もしてくれない。恩を仇で返された。
自分勝手。
こんな事があって嫌いだという人が周りにいて、
その人と毎日顔を合わせなければいけないとお悩みの方、
居るのではないでしょうか?
嫌いな人に対してものすごくストレスを感じている人。

こんな風に考えられませんか。
「全ての人間はストレスに弱い。ストレスに強い人間なんて居ない。
ストレスに強そうに見える人は自分の知らない所で、
ストレスを感じているのかもしれない。
嫌いな人の事を考えるとストレスが溜まる。
ストレスが溜まれば人は病気になる。
嫌いなあいつのことを考えて病気になるのは嫌だ。
もう考えるのは止めよう。」


人が10人集まれば、気が合わない自分にとって嫌な人間は
必ず一人は必ず居ます。
しかし、気が合う良い奴も一人や二人は居るでしょう。
それが当たり前です。
「嫌な奴が多くて、好きな人が一人も居ない。」
と言う場合は自分自身を反省してみる必要があるかもしれません。


しょうが紅茶の作り方

毎朝仕事中に筆者が飲んでいるしょうが紅茶です。
いつもは2杯分作って飲んでいますが、
今日は体調が悪いE君の分も作ってあげました。
3人で生姜紅茶です。
 大き目のマグカップはもちろん筆者のです。
3人分しょうが紅茶







筆者のしょうが紅茶の作り方はいたって簡単です。
しょうがを摩り下ろしたり面倒なことはしません。
ティーポットで普通に紅茶を淹れて、
ドライジンジャーも一緒に蒸らします。
5分黙って待てば出来上がりです。

・ティーポットの中に茶漉しが付いているので、
一番最初につぶつぶのドライジンジャーをティースプーン
3分の1を入れた後茶漉しをセットします。
・次に茶葉をティースプーン大盛り一杯入れてしっかり沸騰した
お湯を茶漉しの淵まで注ぎます。
・五分(茶葉によって蒸らし時間は変わります)
待って出来上がりです。
・茶漉しをゆすって取り出します。

ティーポットの中に残ったしょうがは紅茶と一緒に
かじりながら飲みます。

ピリピリと辛味があるので嫌いな方は
食べずに紅茶だけ飲みましょう。
下の写真は
ドライジンジャー他、シナモン、クローブ、カルダモンです。
(マサラチャイ)と言う(スパイスミルクティー)を
作る材料です。
インド料理専門店などに行けば必ずあるドリンクメニュー
ですよね。
手鍋で作るこの飲み物はちょっと手間が掛かるけど、
とっても美味しいんです。

チャイしょうが紅茶
Profile
最新コメント
  • ライブドアブログ