ポカポカ体をとり戻そう

「手が冷たい人は心が温かい」・・とか冗談言ってる場合じゃないですよ!!ほんとは怖ーい家庭の・・・・ 

古代中国で生まれた〔陰陽論〕から見る食物

古代中国の○陰陽論●というのをご存じだろうか?
簡単に言ってしまえば、この世のすべてのものは
〔裏と表〕とか、〔光と陰〕のように相反する現象が必ず存在する
という思想です。
下の例は左が○陽 右が●陰
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
○昼と●夜、◎太陽と●月、○男と●女、○左と●右・・といった様に
分けられます。

どれが良いとか悪いとかではなく、
陰と陽のバランスがとれた状態が良いという発想です。
どちらにも偏りすぎないことが、
健康面でも自然治癒力を活性化する
のに大切です。

「じゃーニューハーフが良いのか??」
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
そういう事ではなくて、例えば地球規模で考えると
男と女の比率がほぼ同じ位の状態だと思います。

自然界の食べ物も、土の中で育つ〔根物〕“陽”と
地上で育つ〔葉物(茎も)〕“陰”に分けられます。

地上の植物が太陽(陽)を浴びているのに何で“陰”なのかと
思いませんか。
土の中で育つ物は日が当たらないから“陰”では??と。

そこが陰陽論の深いところです。
太陽の光エネルギーにも
陰と陽の光エネルギーがあるそうで、
“陽”の光は地面や水面の中に浸透して、“陰”の光エネルギーは
地面で跳ね返っる性質があるそうです。
(太陽の光が色々な色で構成されている事は“虹”を見れば分かります)

ですから“陽”のエネルギーを受けて育つのは土の中で育つ〔根物〕
地上で育つ〔葉物(芽・茎も)〕は地面で跳ね返った、
“陰”の光エネルギーを吸収して育つ・・・
・・と陰陽論的にはこうなります。

地球を見ても太陽と月の影響をバランスよく受けて
成り立っています。

☆★☆★☆☆☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

○体を温める食べ物○●体を冷やす食べ物●
筆者は陰陽で分けた物がそのまま体を温める食べ物と
冷やす食べ物に分けられるのかと思ったら、
全てそうでは無いようです。

○体を温める食べ物○
□堅くて締まっている・・・・・黒豆、サツマイモ、しょうが
□赤・黒に近い色をしている・・赤ワイン、紅茶
□冬や寒い気候の土地で育つ・・りんご、
□水分が少ない・・・・・・・・プルーン、ナツメ、くこ、黒ごま

●体を冷やす食べ物●

■柔らかい
■白色をしている
■暖かい気候の土地で収穫される
■水分が多い

“冷え性”の方は温める食品を多めに摂り、
“冷え性でない”方はバランス良く食べて維持する
・・を心がけましょう


しょうが紅茶を始めよう5

いよいよ“しょうが紅茶”の季節になりましたね。
近年は、カテキン効果でお茶(紅茶も含む)が見直されています。

しかし、幾ら体に良いとは言え、
自動販売機や家庭の冷蔵庫でキンキンに冷えたペットボトルのお茶を
がぶ飲みするのはどうかと思います。
東洋医学には〔水毒〕と言う言葉があります。
水分の摂り過ぎは体の中で水が滞り“冷え”に繋がります。
程々にしたいものです。
特に冷え性でお悩みの方は緑茶より暖かい紅茶を飲みましょう。
紅茶は体を温める陽性食品です。

生姜(しょうが)はジンジャー、乾燥させたものを乾姜(カンキョウ)とか
ドライジンジャーとか呼ばれています。
体を温める効果が特に優れていほか、様々な薬効成分が含まれています。

食べ物は大きく陽性(体を温める)、陰性(体を冷やす)に分けられますが、
これは東洋医学の陰陽論から来ています。
 陽性食品が体に良くて、陰性食品は悪いと言う単純なことではなく、
あくまでバランスが大切と言うことです。
そして自然治癒力を最大限に引き出す為には血液と体の中の水分代謝が正常に
行われなくてはいけません。

〈冷え性〉や〈ダイエット〉を始めた方に生姜“しょうが”紅茶が
支持されて急速に広まりました。
冷え性に“しょうが紅茶”が良いのは、生姜も紅茶も体を温める陽性食品で
石原クリニック院長の石原結實(いしはらゆうみ)先生の著書に詳しく書かれていて、
筆者も1年半続けています。
自ら販売も始めました。
お茶の効能については、毎日飲んでいるにも関わらず、
その凄い効果が解明されて、本や各メディア等で紹介され始めたのは、
ほんの数十年前からです。

島村忠勝(昭和大学医学部教授)の著書『奇跡のカテキン』や
石原結實(いしはらゆうみ)『生姜でしゃきっと!』
『温めれば病気は必ず治る』等に書かれている紅茶の効能などを見ると、
もっともっと多くの人に身近で生活習慣にとけ込んだ飲み物“お茶”
の美味しくて簡単で健康的な飲み方に目覚めて欲しいと思います。

 お茶の発祥の地、中国には〔中国茶葉大辞典〕という本があります。
中国政府の指示を受けて1991年に編集・出版され、国家重点図書として認められている
由緒正しい本だそうです。
この本は日本語版は無くて?〔探したが見つからない〕中国語を個人的に訳したものを
見るのみです。
茶の保健効果と題されたページを見ると30項目にも及ぶ中国茶の効能がずら〜と
書き記されています。
国内外の超一流の専門家およそ200人が共同で編集作業に当たったそうですので、
この本の日本語版が出版されることを切に願っています。

当店「茶イイナ!」が、究極の選択をして
中国紅茶の最高峰■祁門紅茶(キームン)とツブツブの乾燥生姜(ドライジンジャー)■に絞り込んで販売をしている理由が何となくお解り頂けると幸いです

まずは自分の体温を知ろう

冷え性には全く縁がない(無い方が良いんだけど)方もたくさんいらっしゃる訳で、そんな方は今のままの生活を続けられたら良いでしょう。
 実際、筆者の所でアルバイトをしていた中国留学生は冬でもポカポカしていました。
その人は、真冬の朝5時から仕事でしたので、4時に起きて当店まで自転車で30分かけて通勤していました。朝4〜5時と言えば一日で一番冷え込む時間帯です。

出勤早々、近くのコンビニに買い物に行って貰うこともありましたが、彼女を見ると全然寒そうにしていないんです。労いの言葉をかけると、いつもニコニコして「寒くはありません」と言います。
 でも外は冷蔵庫の中みたいに寒いんですよ。
お釣りとレシートと品物を受け取るとき、手が暖かいんです。
体全体からもふわーっと暖かい空が感じられます。
 話を聞くと、中国人女性のその人が生まれた所は、冬になるとマイナス30度まで冷え込むそうです。マイナス30度ですよ。

話を戻しましょう。
冷えには原因がありますから対策もあります。
筆者が何日間か体温を計ったら、一日のうちで一番体温が低いのは早朝でした。
殆ど36度以下です。35.5度しかない日もありました。
そして36.5度近くまで上がるのに昼頃までかかりました。
 長くなりそうなので対策はまた今度と言うことで、きょうはこれまで・・。



暖かさを求めるのは人間が生きるための本能

大昔から人間は色々な方法で身体が冷えたときの対処法を考えてきた。
寒い時ぶるぶるッと身体が震える。
頭で考えなくても、勝手に身体が筋肉を震わせることで、熱を生み出そうと言う動物的な本能です。

お風呂・温泉に入ったり、運動したり、暖かいものを食べたり・・

身体を温めるとどうなるのか?
医学的なことは専門家のこんな本を参考にして欲しい「体を温める」と病気は必ず治る―クスリをいっさい使わない最善の内臓強化法

熊本県には「杖たて温泉」という所が有ります。
名前の由来は、その昔杖をついて温泉に入りに来たお年寄りが、帰りは杖を忘れるほど元気になって帰った事からその地名が付きました。(杖を立てたまま忘れて帰る)

自分が知らない間に身体が冷える。
体を締め付ける服装、夏場のクーラー、ストレス、体を冷やす飲食物、食べ過ぎ飲み過ぎ、薄着、等冷える原因はたくさんあります。
何故・どうして・どんな時、冷えるのかを知れば自分自身の生活習慣の中で思い当たる事柄が沢山あるでしょう。
“冷え”が、様々な病気に大きく関わっているとしたら、
自分の体は自分で“積極的に温める”という心構えと行動が必要です。
 
 

人参リンゴジュースの作り方

人参リンゴジュースの作り方をこの本を参考にしてみました。
決定版!石原結實の病気を防ぐ・治す100の方法


この本の118Pから119Pに作り方が書いています。
その本の中に〈ジーサーとミキサーどっちを選ぶ?)と言うのがあって、ミキサーだと出来上がったジュースに繊維が残ってしまいますね。
そのまま飲むとビタミンやミネラルが吸収され難いんだそうです。その道を極められた、専門家である石原ゆうみ先生がおっしゃる事だから間違いは無いでしょう。
「えー何でーッ、かすを捨てたら食物繊維がなくなるじゃないか。」とおっしゃる方。
「冷え性より、便秘を早く治したいの」とお考えの方々はミキサーでも良いかもしれません。
かすを捨てたら出来上がりが少ないので、勿体無い気もするのですが、ビタミン、ミネラル類はしっかり取りたいので、かすは取り除くことにしました。
と言うことで早速作り方です。

・・・でも筆者はジューサーを持っていません。ミキサーはあります。
お持ちの方はそのまま材料を投入してジュースにするだけで良いでしょう。

ミキサーを使った人参リンゴジュースの作り方
(筆者が好みで作り方を変えています。本の作り方とは若干違います)
ninjinringojyusuzairyou

リンゴは種を除いて皮はむかずにそのまま、人参は皮をむいて、それぞれを小さめにカットしてミキサーへ。
大きくて硬い人参は、ラップをしてレンジで2分ほどチンしたら切りやすくなります。
あまり加熱しすぎると煮えてしまうのでご注意を
ミキサーはある程度水分が無いと刃が空回りするので100%リンゴジュースも一緒に入れて回します。レモン100%も少し加えて甘ったるい味を引き締めます。
レモンは無くてもよい。お好みで。
100%リンゴジュースの代わりに水でも良いかも。お好みで。
ミキサーでジュース状態になったら濾し器(写真・ミキサーの右)目の細かいざる等で漉して下さい。

リンゴ5個(400円)、人参5本(280円)、リンゴ100%ジュース(250円位?)ポッカレモン少々(50円)
合計980円 (約1000円)・・・・出来上がりジュース(2リットル)
1人前約130cc 2000cc÷130cc=15杯分
合計金額1000円÷15杯=66.6円
あくまでも筆者が近くのスーパーで揃えた材料と自分のミキサーを使って独断で計算した数字です。
参考にするも良し、無視するも良し。

この分量で作ったら、かすが700gも出ました。
このかすには、食物繊維が残っているだろうし、食べても結構甘みがあるので、ホットケーキミックスなんかに混ぜて、焼いてみたら美味しいんではないかと思い、捨てずに冷蔵庫に入れています。
明日にでも試してみようかと思います。




Profile
最新コメント
  • ライブドアブログ